下町で育った私には心地良い懐かしい風景に出合った。そして、その町で遠い記憶の中と同じ光をみつけた。消えてしまわないうちにそっと持ち帰ることにした。